顔に手を当てる女性

エストロゲンは美容に効果あり|毎日の生活に少し気を配るだけ

女性ホルモンを増やすには

微笑む人

生活上の注意点

エストロゲンは別名「美人ホルモン」とも言われており、美しい肌や髪の毛を作り、胸を大きくしたり、ウエストにくびれを作ったりする働きがあります。エストロゲンは40代後半あたりに差し掛かると急激に減少しますが、年齢に関係なく普段の生活習慣が原因で減少することもあります。喫煙をするとエストロゲンの分泌量が低下し、エストロゲンの分解が早まることがわかっています。睡眠時間が不足していると、脳が疲労してホルモン機能に影響を及ぼします。また、無理なダイエットをするとストレスで自立神経のバランスが乱れ、エストロゲンの分泌量が減ります。思いあたることがある人は、今からでも改善してエストロゲンを増やす生活を始めることをおすすめします。

更年期障害の緩和

更年期障害のために病院にかかると、さまざまなエストロゲンを増やす治療を受けることができます。「ホルモン補充療法(HRT)」では、エストロゲン薬が処方されます。人由来の胎盤エキスを使った「プラセンタ注射」もあります。プラセンタ注射にはエストロゲンは含まれていませんが、ホルモンの量を調整する効果があります。プラセンタは注射以外にサプリメントで取り入れることができます。プラセンタ注射は医療機関に行かないとできませんが、サプリメントならドラッグストアで手軽に手に入ります。その他には「大豆イソフラボン」もエストロゲンを増やす成分としておなじみです。大豆イソフラボンは、きなこ、納豆、豆腐、みそなどの大豆食品に含まれています。