顔に手を当てる女性

エストロゲンは美容に効果あり|毎日の生活に少し気を配るだけ

女子力が上がるホルモン

薬

ホルモンが乱れる原因

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、女性らしい体つきや性格を作るのに必要な物質です。思春期が終わるころに増え始め、20代後半〜30代後半の成熟期にピークに達します。そして40代後半〜50代にかけての更年期に一気に減少します。更年期にエストロゲンの量が減ることでホットフラッシュなどの「更年期障害」が起こりますが、最近は20代から更年期障害になる女性が増えているそうです。年齢にかかわらず、無理なダイエットをしたり、夜更かしや徹夜を繰り返したりすることで、エストロゲンの分泌量が減少します。そうすると若くても更年期障害を発症します。また、エストロゲンは美人になるホルモンなので、それがなくなるということは、美容にとってもマイナスになります。

増やす方法

エストロゲンを増やすことで、更年期障害の緩和、アンチエイジング、美肌や美白、バストアップなど、様々なうれしい効果が現れます。「規則正しい生活を送る」「エストロゲンを増やすサプリメントを服用する」「恋をする」などの方法が、エストロゲンアップに有効です。サプリメントでは、プエラリア、大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、マカなどがエストロゲンに働きかける効果があります。恋をすることでも、エストロゲンが増えるといわれています。恋をするとドーパミンが分泌され、エストロゲンにも影響を及ぼします。アイドルや俳優などを好きになって応援したり、疑似恋愛を楽しんだりする場合でもドーパミンが分泌されるので効果があります。